2018年10月2日火曜日

喜多方市の委託相談はじまりました!!


平成30年10月1日から当事業所では、

障害者総合支援法に定めのある、市町村が実施する地域生活支援事業の中の相談支援事業を、喜多方市より委託を受け実施することになりました。

 いわゆる、「委託相談」と言われる相談です。
障害福祉サービスを利用してない方で、障がいのある方や子どもの地域生活に関する相談に応じて、保健・福祉などのサービスが総合的に受けられるように援助します。また、関係機関などと連絡・調整をして、自立や社会参加の促進を図ることを目的とします。
相談員は「委託相談」を担当する1名増員となり、計画相談の担当である私を含め、2名体制となりました。

 これからも、地域に根ざした「相談支援事業所」として歩んでいきたいと思います。



2018年8月24日金曜日

障がい者保健福祉セミナーのお知らせ


 今年も、障がい者保健福祉セミナー
「障がい者の地域生活を考える ~わたしたちも社会の中で暮らしています~」が開催されます。

 障がいのあるなしに関わらず、みんなが一緒に暮らしていける地域を目指し、多くの方々と現状や課題を共有していきたいと思います。

 当日は、障害福祉サービス事業所、施設、病院で作成した作品の展示や、お菓子等の販売もありますよ!!

10月20日(土)には喜多方でも、シンポジウムが開催されます!!

2018年4月2日月曜日

世界自閉症啓発デーと発達障害啓発週間



今日、4月2日は世界自閉症啓発デーです。

今日から4月8日までは発達障害啓発週間となっていて、自閉症・発達障害を理解してもらうために世界各地でブルーライトアップ等の活動が行われています。

では、なぜ、ブルーなのか?

青色は「癒し」や「希望」をあらわすとして、世界自閉症啓発デーのシンボルカラーなのです。自閉症はわかりにくい障害と言われています。また障害を知らない人がいることで、誤解を受けたりうまくいかないことに直面することもあります。そんな彼らの存在に気づいてほしいという願いから始まったのがこの青いライトアップなのです。



自閉症は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。

 脳の発達の仕方の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な「常識」と思われることを身につけることも苦手です。このため、真面目に取り組んでいても、誤解されることがあります。

 なお、自閉症の人たちは、とても「純粋」で、自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり記憶が抜群な人もいます。

 このような、自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援していただくことを願っています。

 自閉症の人たちは、周囲の愛情と支援によって大きく育つことができるのです。

私も今日は、青いシャツを着てます!

(引用・参考)
世界自閉症啓発デー日本実行委員会<公式サイト>より




2018年1月4日木曜日

新年明けましておめでとうございます。


 

 新年明けましておめでとうございます。

 昨年中は、ご利用者の方々やご家族様、関係機関の方々、そして地域の皆様より、ご理解ご協力をいただき心からお礼を申し上げます。本当にたくさんの方々に支えられた一年でした。

今年は、開所から5年目を迎えます。これからも障害のある方々もより一層、暮らしやすくなるように支援をさせていただきたいと思っております。
 皆様にとって、この一年が素敵な一年になりますように。

2017年12月19日火曜日

みんなひとつになったクリスマスのつどい!






12月16日(土)に喜多方市内の障害福祉サービス事業所に通う方と、関係する事業所・団体の方と一緒にクリスマス会を開催しました。
体操をしたり、レクリエーションで仮装をしたりと、毎年楽しい時間でしたね。

写真が3枚ありますが、1枚目は会津シンフォニックアンサンブルという吹奏楽団に所属するの4名の方々と、喜多方市混声合唱団の方々のそれぞれ演奏&歌声を披露していただきました。そして二つの団体のコラボレーションも聞くことができました。毎年恒例となりましたがやっぱり、生演奏&合唱はいいですね!クリスマスの雰囲気たっぷりです。

2枚目の写真は、会津の語りべさんに来ていただき、昔話も聞くことができました。「手長足長」、「みしらず柿(身不知柿)の話」など、普段聴く機会がないお話をきくことができました。

さて、3枚目は、手話の写真なんです。
1枚目の写真に出ている吹奏楽団&合唱団の方々、さらに、手話サークルの方にも参加してもらい「花は咲く」を手話で披露してもらいました。
「花は咲く」のサビの部分は、参加した利用者の方、関係者みんなで手話をしながら歌いました。
「♪花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に ~ わたしは何を残しただろう♪」の部分ですね。
吹奏楽の生演奏に合唱団の歌声、手話、みんなの歌声が一つになって、感動的な場面でした。

そして、クリスマス会ということで、サンタ登場でプレゼント!!
本田金属技術株式会社喜多方工場労働組合、耶麻喜多方地区連合会さん、ありがとうございます。

そうそう、2枚目の写真右側に写っているツリーは、10月に今日のためにみんなで作ったツリーなんですよ(^-^)v
みんなの手形でもみの木の枝葉を作り、飾り付けました!!




2017年11月1日水曜日

「コウノドリ」から思うこと。





10月から始まった「コウノドリ」みてますか?
毎回、涙なしでは見れないドラマですよね。とびぬけた成績優秀な医師はいないけれど、それぞれの医師や助産師、看護師さんたちが悩みながら母親や赤ちゃんのことを考えていることがまた素敵だと思います。
 さて、このドラマを見るたびに、考えることがあります。
それは、障害のある子どもへの支援者として考えることです。
出産前後の母と父と医師とのやり取りの中で、障害をもった子どもが産まれる可能性があるという話が出てきますよね。
母親や父親が決断をして繋いだ命、医療スタッフが繋いだ命。大事な命を繋いでいく。
NICUでの治療や経過観察後、赤ちゃんの状態が安定すれば地元の病院に転院したり、自宅での生活になりますね。
 そう、今度は、繋いだ命を、地域の中の社会資源である私たち障害福祉分野の職員も繋いでいくの役割があると思うのです。退院からすぐにという場合もあるでしょうし、ある程度大きくなってからということもあるでしょう。
 ドラマの中でコウノドリ先生が「親が決断したことに寄り添っていく、サポートしていく」というセリフがありますが、これは産科医だけではなく、私たち支援者も同じではないかと思います。
 くしくも、重度心身障害児、医療的ケアの必要な子どもへの支援についてもテレビやインターネットを通して見聞きするようになりました。
重度心身障害児者の発生率は人口比率でいうと0.03%、喜多方市の人口で約15人となります。
 「コウノドリ」が始まった10月、会津で「重度心身障害児の退院後の支援について」という研修会が開かれました。この研修会は「平成28年度会津圏域重症心身障がい児実態調査」の報告を受けて開催されました。
当ブログでも2017年2月2日に会津圏域重症心身障がい児実態調査報告会 という記事で紹介しています。
 研修会では、福島県立医科大学付属病院 総合周産期母子医療センターの入院児支援コーディネーターの舩山さんから、周産期医療センターでの現場のお話を聞かせていただきました。「コウノドリ」も「周産期母子医療センター」でしたよね。
 喜多方で重度心身障害児者の支援、医療的ケアの必要な子どもさんや親の支援を、どういったかたちで行なっていくのかは課題と思っています。 
 もちろん、NICUを卒業された子どもさん以外でも、障害のあるお子さんの支援は、本人、ご家族に寄り添いながら、サポートさせていただきたいと思っています。

”ドラマに影響されすぎじゃないか!!”って声が聞こえてきそうですが、NICUを卒業した子どもたちはどうなるんだろうって気になりません? シングルファザーになってしまった小栗旬と、娘、芽衣ちゃんのその後、気になりますよね? 子育て支援についても考える機会になりますね。
あっ、やっぱり、影響されすぎ・・・(苦笑)。









2017年9月8日金曜日

障がい者保健福祉セミナーのお知らせ




 今年も、障がい者保健福祉セミナー

「障がい者の地域生活を考える ~わたしたちも社会の中で暮らしています~」が開催されます。

 障がいのあるなしに関わらず、みんなが一緒に暮らしていける地域を目指し、多くの方々と現状
 や課題を共有していきたいと思います。

 当日は、障害福祉サービス事業所、施設、病院で作成した作品の展示や、お菓子等の販売もあり
 ますよ!!