2020年12月9日水曜日

今年度のシンポジウム「障がい者の地域生活を考えるin喜多方」はオンライン開催


画面左奥の方は、モザイク処理をしていますが、手話通訳者です。

 今年のシンポジウム「障がい者の地域生活を考えるin喜多方」は「知っていますか?!成年後見制度」というテーマでオンラインでのセミナーとして開催になりました。

講師は、福島市で「谷川社会福祉士事務所」として活動されている谷川先生で、喜多方市内の高齢者分野でも成年後見制度について関係者向けに講演をされています。オンラインと言うことで谷川先生も福島市内の事務所からの講演です。

 年度当初は、感染対策をとり喜多方プラザ小ホールでの開催にむけて準備をしていました。喜多方でも新型コロナウィルス感染症の方が発生してからは、開催するかどうか、開催するにしても、どうのように行うかを実行委員会で協議してきました。

今年度は中止という案もありましたが、どうにか開催できないかと悩んだ末、オンラインの開催に踏み切りました。

 「オンライン会議」と言葉は聞いたことがあっても、いざ自分が達がやるとなると、どうなるのか不安な意見ももちろんありました。

まずは、”まずはやってみよう!”ということで、パソコン操作の練習会をしたり、実行委員会をオンラインで行い、まず実行委員が操作に慣れましょうということで準備開始です。 

さてさて、前置きがながくなってしまいましたが、当日は、ZOOMというオンライン会議ソフトと使い、自宅から参加された当事者さんやご家族、または、通所している事業所に集まって大きな画面を見て参加された当事者の方やそのご家族というように、それぞれが参加しやすい方法をとっています。

 手話が必要な方には、事務局となっている喜多方市役所に集まってもらい、大きな画面をみてもらいながら手話通訳を見て、参加というかたちになっています。

当日、参加できなかった方のために、録画をし、後日、限定での動画配信とDVDでの配布、資料の配布を予定しています。

 開始直前まで、トラブルはありましたが、どうにか終えることができました。 当事業所では主催側として、準備から当日の操作を行い、やってみてわかったこともありますし、そして、やっぱり、オンライン会議の操作は多くの人に覚えてもらったほうがいいなと感じたところです。

 講演をしてくださった講師の谷川先生、ありがとうございました!

 来年度のシンポジウムは、集まってできるのか、オンラインか、テーマどうする?と今回の反省を踏まえて、来年度に向けて再スタートです。

(投稿:管理者)


2019年12月30日月曜日

年末年始のお休みのお知らせ




みなさんこんにちは
今年もあとわずかとなりました!!! 

あっと言う間の一年でしたね・・・、毎年毎年一年が早く感じます・・・・
私自身は、寒さにも弱くなった気がします。

さて、やり残したこと、来年はやってみたいこと、さまざまありますが、今年2019年もみなさまに支えられた一年でした。本当にありがとうございました。
来年も当事業所職員、一丸となってより一層の努力をしていこうと思っています。
来年も皆様にとって、素敵な一年となりますようにお祈り申し上げます。

なお、誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。

年末年始休業
2019年12月31日(火)~2020年1月5日(日)まで




2019年12月6日金曜日

医療的ケア・重症心身障害児者のつどい場


ブログの更新、だいぶサボってしまいました。(^^;)

さて、今回は、タイトルにありますように、
「医療的ケア・重症心身障害児者のつどい場」の紹介です。

隣の市にある障害のある子どもの通所事業所の主任さんが「保護者さんのつどいの場をつくったから広めて!!」というミッションをいただきましたので、今日アップしました。
チラシをもらってからあたためていました(^^;)

興味のある保護者さんがいらっしゃいましたら、ぜひ参加してみてください。
記載されている事業所に通ってない場合もOKです!!ということですので、気兼ねなく連絡してみてください。


今日ね、医療的ケア児等のコーディネーター研修があって、そこで主任さんにあったわけですよ。
「あっ!!」と思って、急いで事務所に戻ってきてアップしてます。

研修では、いろいろと思うことがありましたので、近いうちにブログに書こうと思います。




2019年8月29日木曜日

障がい者シンポジウム in 喜多方

 
喜多方市内で行われる「障がい者の地域生活を考えるin喜多方」というシンポジウムのお知らせです!!

 昨年に引き続き、障がい者雇用についての講演と、シンポジウムとなっています。
今年はチラシにもお金かけてます(笑)
企業の方で障がい者雇用担当の方、人事の方、一般の方、当事者の方、家族の方、だれでも参加、OKです。 
申し込み無し、参加費も無料となっていますので、ぜひお越しください!!

 当日は、市内の就労継続支援B型事業所で作っている製品やパンなどの販売と、施設等の入所者さんが作った作品等の展示も行っていますので、買って、見てってくださーい!!

2019年7月22日月曜日




 第8回、障がい者保健福祉セミナー
「障がい者の地域生活を考える ~わたしたちも社会の中で暮らしています~」が開催されます。

 障がいのあるなしに関わらず、みんなが一緒に暮らしていける地域を目指し、多くの方々と現状や課題を共有していきたいと思います。

 当日は、障害福祉サービス事業所、施設、病院で作成した作品の展示や、お菓子等の販売もありますよ!!

月27日(金)には喜多方でも、シンポジウムが開催されます!!

2019年3月29日金曜日

はじめまして!




はじめまして!

私は、平成30年10月から「委託相談」の担当として、『しののめ』に加わった職員です。(詳しくは、前回のブログを参照ください)日々、新たな出会いを繰り返すうちに、あっという間に月日は流れ… 早、半年が経とうとしています。
 花粉症歴35年の私にとって、またまたつらい季節がやってきました。ん?35年?もうすぐ、31年続いた平成という時代が終わろうとしていますが…
平成の間まるまるずっと、花粉症に苦しんできたのだな、なんて感慨深く?思っている今日、この頃です。皆さんにとって、「平成」はどんな時代だったでしょうか?
 新年号は「永光」「安建」等など予想されていますが、私の予想はずばり!「安久」です。さて、どうなることやら。。。

これから、日々生きづらさを感じている方、また、そのご家族に、少しでも笑顔が増えますように、ちょっとでも肩の力を抜いて頂けますように、自分自身成長しながら、頑張っていきたいと思っています。どうかよろしくお願い致します。

2018年10月2日火曜日

喜多方市の委託相談はじまりました!!


平成30年10月1日から当事業所では、

障害者総合支援法に定めのある、市町村が実施する地域生活支援事業の中の相談支援事業を、喜多方市より委託を受け実施することになりました。

 いわゆる、「委託相談」と言われる相談です。
障害福祉サービスを利用してない方で、障がいのある方や子どもの地域生活に関する相談に応じて、保健・福祉などのサービスが総合的に受けられるように援助します。また、関係機関などと連絡・調整をして、自立や社会参加の促進を図ることを目的とします。
相談員は「委託相談」を担当する1名増員となり、計画相談の担当である私を含め、2名体制となりました。

 これからも、地域に根ざした「相談支援事業所」として歩んでいきたいと思います。