2017年12月19日火曜日

みんなひとつになったクリスマスのつどい!






12月16日(土)に喜多方市内の障害福祉サービス事業所に通う方と、関係する事業所・団体の方と一緒にクリスマス会を開催しました。
体操をしたり、レクリエーションで仮装をしたりと、毎年楽しい時間でしたね。

写真が3枚ありますが、1枚目は会津シンフォニックアンサンブルという吹奏楽団に所属するの4名の方々と、喜多方市混声合唱団の方々のそれぞれ演奏&歌声を披露していただきました。そして二つの団体のコラボレーションも聞くことができました。毎年恒例となりましたがやっぱり、生演奏&合唱はいいですね!クリスマスの雰囲気たっぷりです。

2枚目の写真は、会津の語りべさんに来ていただき、昔話も聞くことができました。「手長足長」、「みしらず柿(身不知柿)の話」など、普段聴く機会がないお話をきくことができました。

さて、3枚目は、手話の写真なんです。
1枚目の写真に出ている吹奏楽団&合唱団の方々、さらに、手話サークルの方にも参加してもらい「花は咲く」を手話で披露してもらいました。
「花は咲く」のサビの部分は、参加した利用者の方、関係者みんなで手話をしながら歌いました。
「♪花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に ~ わたしは何を残しただろう♪」の部分ですね。
吹奏楽の生演奏に合唱団の歌声、手話、みんなの歌声が一つになって、感動的な場面でした。

そして、クリスマス会ということで、サンタ登場でプレゼント!!
本田金属技術株式会社喜多方工場労働組合、耶麻喜多方地区連合会さん、ありがとうございます。

そうそう、2枚目の写真右側に写っているツリーは、10月に今日のためにみんなで作ったツリーなんですよ(^-^)v
みんなの手形でもみの木の枝葉を作り、飾り付けました!!




0 件のコメント:

コメントを投稿